組織概要

組合名:技術研究組合 Lignophenol Systems

     (略称:LIPS,リグノフェノール技術研究組合

設 立:平成23年1月7日

理事長:舩岡正光

組合員関西化学機械製作株式会社

    出光ライオンコンポジット株式会社

    五洋紙工株式会社

    台湾プラスチック株式会社

    徳島県那賀町

    三重県名張市 

設立の目的:

  • 組合員の協働によるリグノフェノール及びセルロース素材に関する試験研究の推進。
  • 組合員の関連領域の技術水準の向上ならびに実用化のための事業準備

事業の概要:

  • リグノセルロース素材の相分離系変換技術とそこから生まれる新素材に関する研究開発及び実用化検討
  • 組合員のためにリグノフェノール及び関連植物素材に関する試験研究を行うこと
  • 組合員のために前号の事業の成果を管理すること
  • 組合員に対する技術指導を行うこと
  • 試験研究のための施設を組合員に使用させること
  • 前各号の事業に附帯する事業

実用化の方向性:

  • 木材を全利用した化学原料としての新素材を研究開発し、熱硬化性樹脂、エンプラ、樹脂添加剤、接着剤、木質系材料、鉛蓄電池の負極用添加剤、炭素材料等をアプリケーションとして想定。各々の領域においてエコフレンドリーな製品開発を目指している。

 

1号プラント
1号プラント

沿革:

  • 1988年 相分離系変換技術を発明
  • 1999~2004年 戦略的基礎研究推進事業(JST-CREST)舩岡正光プロジェクト(独)科学技術振興機構「植物系分子素材の高度循環活用システムの構築」
  • 2004~2009年 戦略的創造研究推進事業 発展研究(JST-SORST)舩岡正光プロジェクト((独)科学技術振興機構「植物系分子素材の逐次精密機能制御システム」
  • 2010年 農林水産省「緑と水の環境技術革命プロジェクト リグノフェノールによる木材化学産業創出に向けた事業化調査」
  • 「実用化レベルの生産技術の開発及び利用技術の開発」を目的とした技術研究組合Lignophenol & Systemsの立ち上げ準備
  • 2010.12 経済産業省に設立申請
  • 2011.1 技術研究組合 Lignophenol & Systems(LIPS) 設立・登記

 

 

技術研究組合 LIPS(Lignophenol & Systems)

〒660-0053

 兵庫県尼崎市南七松町2丁目9番7号(関西化学機械製作(株)内)

 Tel:06-6419-7121 Fax:06-6419-7126